ごあいさつ

  • 定年後も働く方は、自分の環境が変わること、それによって自分の立ち位置が大きく変わる現実を受け入れなければなりません。職場を去って引きこもりにならないように、今から準備が必要です。また企業は、従業員のキャリアプラインを描く支援をしなければなりません。

    人が経営の三本柱の一つであることは皆さんご存じです。

    帝国データバンクの調査では、人手不足による倒産が毎年30%増加。  人が必要です。

    一方、政府は働き方改革の一環として、多様な働き方、多様な労働者からなる組織を作ることを求めています。経営者の方は、配慮が必要な働き方、配慮が必要な労働者が入ってくると生産性が落ちないかとの心配されます。

    新たな労働者に翻弄されるのではなく、新しい仲間を迎え、よりよい会社にするのが私の使命と考えています。厚生労働省が推進するセルフキャリアドックの導入により、組織活性化の仕組み作りをお手伝いいたします。

    合同会社未来共創では、人が辞めない会社作り、会社を辞めない人つくりをモットーにしています。

    ボクシング世界スーパフェザ級チャンピオン内山高志さんと対談しました。

     https://www.business-plus.net/interview/2007/k5641.html